為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析 > フィボナッチ
*English Fibonacci
為替のテクニカル分析

フィボナッチ

フィボナッチ

 13世紀ころのイタリアの数学者フィボナッチは、木の枝に葉が生えていく過程や、カタツムリの殻の渦の広がり方など、多くの生物の生長パターンが1.618の比率で成長することを発見しました。 それだけ聞くと、感のいい方はもうお気付きかと思いますが、相場は多くの人間によって行われた行動の結果であり、そこから生ずる変動も、自然現象の現れであるとすると、この1.618という比率は何らかの作用があることも否定できません。 現に1950年ころ、ロンドンの投資グループによって紹介された「1.618テクニック」は長年にわたって使われてきました。 また、ラリーウイリアムズも1.618の平方根である、1.28をサイクルに関連したテクニックとして紹介しています。これを少し紹介すると、2つの山の間の日数を数え、その2つの山の間の谷から日数を1.28倍したところが次の谷がくるポイントと予測するものです。 フィボナッチについて詳しく知りたい方は、画面上部のgoogle検索窓から検索してみてください。

フィボナッチ・リトレースメント

 為替取引で多く使われるのが、フィボナッチ・リトレースメントです。 フィボナッチ・リトレースメントとは、目標価格を推測する方法で、安値と高値から戻りを計算します。 計算は簡単で高値から安値を引き、その変動幅の38.2%、50%、61.8%が押し目買いのポイントと予測するものです。 トレンドの勢いが強い場合は38.2%、勢いが弱い場合には61.8%、半値戻しの50%となります。

 短期売買のトレーダーは、その日の朝、まず前日の高値と安値を調べます。電卓を片手にこの3つのポイントを計算するために。 皆さんも是非、毎日計算してみてください。面白いほどあてはまります。 そして最も注意しなくてなならないことは、そのポイントの裏側にはストップロスのオーダーがあることです。 相場は、ストップロスをのみ込んで成長します。その成長率が1.618となんらかの関係があるかどうか、研究してみてください。

フィボナッチ計算機


ForexProsフィボナッチ計算器は Forex Prosが提供 - Forexポータル

為替相場 - リアルタイム チャート 携帯版

為替相場FOREX CHANNEL mobile*

外出先でもケータイでチャートを確認いただけます。10分足、1時間足、日足上に移動平均線やRSIを表示。
www.forexchannel.net/mobile/

QRコード
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*