為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析 > チャート
*English Charts
為替のテクニカル分析

チャートとは

チャート

 チャートは値動きの推移を時間の経過に区切ってグラフ化した記録です。 基本的にはX軸に時系列、Y軸は価格を表示します。 一般的なグラフと多少異なり、時系列の最小単位内に、高値、安値、(始値)、終値の情報が表現されています。 この章ではチャートの基本的な見方について説明します。

 

ローソク足

 ローソク足は、江戸時代に日本で生まれ、現在でも世界中で利用されています。 大阪堂島の米相場から利用され、山形県庄内酒田ではこのローソク足を用いた「酒田五法」または「酒田罫線法」なる投機の技術が、相場の達人本間宗久によって編み出されました。 話がそれましたが、値段の動きをローソクのような形で表すことからこの名が付き、「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの要素を元に一本のローソクを表現しています。 その一本のローソクの実態分が白抜きのモノを陽線(ようせん)、黒塗りのモノを陰線(いんせん)と呼びます。陽線は上げ相場、陰線は下げ相場を表現し、ひと目でわかるよう工夫されているのが特徴です。 上に伸びたヒゲの頂点が高値、下に伸びたヒゲの先が安値、白抜きの太線は下が始値、上が終値です。逆に黒塗りの太線は、上が始値、下が終値となります。

またローソク足は、一日の値動きを1本で表する日足(ひあし)、1週間の値動きを一本にして週単位で表す週足(しゅうあし)、1ヶ月の値動きを一本で表す月足(つきあし)に分けて利用できます。(時間足や分足もあります。)

リアルタイム・チャート

USDJPY (Daily)

こちらのチャートは白抜きが陽線、黒塗りが陰線となります。

為替チャートと為替レート
為替相場 - リアルタイム チャート 携帯版

為替相場FOREX CHANNEL mobile*

外出先でもケータイでチャートを確認いただけます。10分足、1時間足、日足上に移動平均線やRSIを表示。
www.forexchannel.net/mobile/

QRコード
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*