為替(ホーム) > 為替のテクニカル分析 > ストキャスティクス
*English Stochastics
為替のテクニカル分析

ストキャスティクス

 
ストキャスティクス
 

ストキャスティクスはGeorge Lane氏により開発された。このオシレーター分析は、直近の終値価格が一定期間のレンジ(高値安値の幅)の中でどの水準にあるかを分析します。
ストキャスティクスは直近の終値価格と過去5日間の価格変動の相対関係を示す%Kと転換シグナルを示す%Dという2本のモーメンタム・ラインが使用されます。

ストキャスティクスの公式

%Kの公式は次のとおり

%K=100((C−L5) / (H5-L5))
C =直近の終値価格
L5=過去5日間の中での最安値
H5=過去5日間の中での最高値

また%Dの公式は

%D=100(H3 / L3)
H3=(C−L5)の3日間の合計
L3=(H5-L5)の3日間の合計

0から100の領域内で70以上は買われ過ぎ、30以下は売られ過ぎと判断する点はRSI と同じです。
%Dのモーメンタム・ラインが70以上で%Kのモーメンタム・ラインと交わった時が売りシグナル、また %Dのモーメンタム・ラインが30以下で%Kのモーメンタム・ラインと交わった時が買いシグナルとなります。

開発者によるストキャスティクスの利用法

George Lane氏はストキャスティクスのガイドラインとして、%Dが85%以上または15%以下の時に出たシグナルは信頼度が高いとされます。 更にストキャスティクスでもっとも信頼度が高い売買シグナルは、市場価格が上昇を続けている時、%Kと%Dのモーメンタム・ラインの交差が70以上で2回繰り返された後に反転下落した場合の売りシグナル、逆に市場価格が下落を続けている時、%Kと%Dのモーメンタム・ラインの交差が30以下で2回繰り返された後に上昇反転した場合の買いシグナルとしています。


通貨別チャートとストキャスティクス

 
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*