為替(ホーム) > 外国為替証拠金取引てな〜に? > 証券取引との違い
外国為替証拠金取引てな〜に?

証券取引所

証券取引所

 証券取引所は、公正な価格を形成するため、売買取引を1箇所に集中させる目的でつくられた場所です。 日本には5つの証券取引所があり上場した企業の株式が集中取引されています。取引所に上場するためには企業(株式会社)から希望する取引所に上場の申請を行います。 厳しい審査に合格すればめでたく上場となるわけです。

*

株式取引とは

証券取引

 株式は取引所の競り合いで決められる価格(株価)で売買されます。 株価を決める最大の要因は、その会社の業績です。業績が良くなると予想されれば株価は高くなり、反対に赤字経営が続いている企業の株価は安くなります。 株式取引は、株価が値上がりしそうな企業に投資することを目的とします。 投資した企業の業績が良くなれば配当がもらえます。また、株価が買値より大幅に上昇した場合、転売し売買益を得ることも出来ます。 しかし、投資した企業が倒産した場合には、その株式は紙クズと化すので注意が必要です。

*

外国為替証拠金取引 VS 証券取引

外国為替証拠金取引」は、世界中の景気動向を背景に変動する、国と国との通貨の相対的価値に対し投資(投機)しますし、株式取引は企業の将来性に投資します。株式は投資した企業が倒産した場合には「紙クズ」になってしまいますが、通貨はその国が崩壊しない限りなくなりません。比べること事態が無意味かもしれませんが、ここでは、外国為替は流動性の点でも安定した投資先であることを述べて次へ進みます。

相対取引と取引所取引

 為替取引は相対取引です。相対取引とは、証券取引所のように特定の場所に集まって取引を行うものではありません。 価格を提示する側と、その価格で売買を行なう側の、2者間で取引が行なわれます。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*