為替(ホーム) > 外国為替証拠金取引てな〜に? > 電話取引
外国為替証拠金取引てな〜に?

電話取引の短所

 電話取引の短所は、なんと言ってもスピーディーに取引が行えない点にあります。 電話をかけてから取引業者につながるまでにようする秒数、取引を行うために顧客であることを示す秒数、 そして対象通貨、金額、売買区別等を業者に示す秒数、最後に取引業者がプライス(価格)呈示にようする秒数。 これら全て取引成立までに要する時間です。速い業者でも30秒以上はかかるでしょう。 一般的には1分程度はかかるのではないでしょうか。

 電話取引を経験された方は、もうすでに、ご経験があるかと思いますが、成行きで売買する時など、取引業者が提示するプライス(価格)が現状の水準より、不利な方向へずれていることがあります。 これは、手仕舞いの際に、頻繁に発生するのですが、取引業者はこちらが手仕舞うことを見越しているため、”買い戻し””売り戻し”を読んで、サイドをずらされているのです。 このような現象は、取引業者が、顧客の売買価格とカバーディールの価格で差益を抜こうとしているために発生します。 このような現象は、電話取引に限らず、オンライン・トレードでも、価格を再呈示させるシステムでも発生します。


電話取引の長所

 電話取引の長所は、会話の中から情報を入手できることにあります。 取引業者は、複数の取引相手と対話しているため、情報が集まります。また、専門のニュースソースを入手しています。 為替相場の急激な変動時に「今、何かありましたか?」と電話で確認することも可能ですので、情報源の少ない投資家には、こころ強いかもしれません。

 また、電話取引にはオンライントレードのように、システム障害や回線障害による取引中断が発生しません。 24時間、安定的に取引できるのが特徴です。

電話取引の留意点

 電話取引を行うに際しての留意点は、曖昧な言葉を避けることにほかありません。 取引業者に対して、対象通貨、金額、売買区別、指値の場合には有効期間など、取引条件を明確に示す必要があります。 また、電話での対話には、誤解を招く言葉を極力使わないよう心がけ、トラブル防止に努めてください。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*