為替(ホーム) > 外国為替証拠金取引てな〜に? > 自動ストップロスと追加証拠金
外国為替証拠金取引てな〜に?

自動ストップロスと追加証拠金

ストップロス
 自動ストップロスとは、多額な損失を未然に防ぐ目的で、損失額が一定の割合を超えると、自動的にポジションを清算(損失を確定)させる仕組みです。 具体的には、証拠金から未確定損失額を差し引いて維持証拠金とよばれるポジションを維持するために最低必要とされる証拠金水準を下回ると発動されます。

 商品先物等で採用されているのが追加証拠金です。追加証拠金(通称=おいしょ)は損失が拡大すると、取引業者からの支払いの請求がかかります。これは、計算上の損失が委託本証拠金の50%を超えた場合、不足分の証拠金を決められた日数以内に穴埋めをしなければなりません。

 外国為替市場は24時間機能しています。為替取引には取引所取引のような値幅制限はありません。 予期せぬ急激な価格変動から身を守るためにも、自動ストップロスは、個人投資家のための安全装置と言えるでしょう。


 

スポンサード リンク

 

page TOP

*