為替(ホーム) > 外国為替証拠金取引てな〜に? > レバレッジが魅力!
外国為替証拠金取引てな〜に?

レバレッジ効果とは?

 レバレッジ効果とは、資本投下した金額の何倍何十倍もの取引が行える効果をいいます。 まるで「てこの原理」のように、小さな力(小額)で大きなモノ(大きな取引金額)を動かすことから、この名が付きました。 1995〜1998年に往行した米系ヘッジファンドも、このレバレッジ効果を巧みに使い大儲けしました。一説には100倍近くのレバレッジをかけていたそうです。 この効果により、大きな利益も期待できますが、逆に大きな損失を招くリスクも同時に存在します。 1998年以降、多くの米系ヘッジファンドも破綻しました。


レバレッジが魅力!

 外国為替証拠金取引は、このレバレッジが魅力です。例えば、あなたが銀行からお金を借りる場合の根抵当(担保)を思い浮かべてください。土地を担保に、その評価額の決められた割合以内であればお金を借りることが出来ます。 1000万円の枠があれば、必要な時に、枠の範囲内で必要な金額だけ、資金を調達することが可能です。利用目的がなければ1000万円まで借りずに、今必要な金額が100万円であれば100万円だけ借りれば良いのです。残りの900万円分の枠はいつでも使えるのですから。

 外国為替証拠金取引レバレッジ効果も同様に、最大取引可能額がいくらまであるかという数字がレバレッジ比で示されます。証拠金(担保)の最大何倍まで取引できるかという数字です。 その表示方法は、取引する通貨(USD/???、EUR/???、GBP/???)あたりいくら必要かと示されます。USD/???の取引では何ドル、EUR/???の取引では何ユーロ、GBP/???の取引では何ポンド必要か、又は何%必要なのか示されます。 例えば10万ドルの取引あたり0.5万ドル($5,000)とか0.2万ドル($2,000)とか0.1万ドル($1,000)といった具合です。もちろん取引あたりに必要な証拠金(担保)が少なくなればなるほど、レバレッジ比は高くなります。

レバレッジが低くても高くても取引金額が同じであれば変動リスクは同じ!

 同じ取引額であれば、レバレッジ比が高くても低くても為替変動リスクは同じです。最大取引額いっぱいまで取引を行うかは、投資家の選択です。 「レバレッジ比が高いことは危険だ」と思われがちですが、銀行から借入する場合の担保評価のように、同じ金額で最大取引額が増えるということは、比率が高い方が投資家にとって有利であることがお分かりいただけましたでしょうか。 レバレッジ比が高いことが危険なのではなくて、レバレッジ比いっぱいまで取引してしまう資金管理が危険なのです。 レバレッジ取引は自己管理が大切です。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*