為替(ホーム) > 外国為替証拠金取引てな〜に?
外国為替証拠金取引てな〜に?

外国為替証拠金取引
 「外国為替証拠金取引」とは外国為替(外国通貨)の売買を、一定の証拠金(保証金)を担保に、その証拠金の何十倍もの取引単位(金額)で売買が行える金融商品です。

外国通貨(外貨)の売買単位は、米ドルの場合1万ドルまたは10万ドルといった単位で行います。 1ドル=120円とすると、1万ドルは120万円、10万ドルは1200万円相当の外国通貨(外貨)の売買を行うことになります。長所は、少ない証拠金(保証金)を担保に、大きな売買が行え、為替差益による大きな収益を得るチャンスがあります。 しかしその反対に短所も大きな損失を招く可能性があることなのです。


外国為替証拠金取引と他の投資と比べてみよう!

 「外国為替証拠金取引」は外貨預金と異なり、非常に投機的な金融商品です。商品のリスクを十分理解し、自己責任の元に、ゆとり資金の範囲内で行う取引です。退職資金や生活に必要な資金の運用先としては適切ではありません。

外国為替証拠金取引の魅力

 しかし、これほど資金効率の高い外貨投資も、他にありません。レバレッジ格安な手数料は、個人投資家にとって大変魅力的です。 業者によっては、必要以上に損失を拡大させないための自動ストップロスという安全装置をつけているところもあります。
当ホームページは、その「外国為替証拠金取引」について、基本的な仕組みやリスクについて理解して頂くことを目的としています。 一般的にはなじみの薄いレバレッジ効果スワップスプレッド、そして売買にかかる手数料がいくらの値幅で抜けるかという抜け幅について項目に分けて解説してまいりますので、興味のもたれた項目からお進みください。 証拠金については、業者によって呼び名や詳細が異なりますので、最終的にはお取引を希望される業者へお問い合わせください。ここでは、おおまかな仕組みについて説明します。

外国為替証拠金取引を始めよう!

 「外国為替証拠金取引をはじめよう!」と思っても、では「どこで口座を開けばようの?」という方へ。業者選びのポイントや誤解されやすい用語の例、パソコンや携帯電話から何時でも何処からでもできるオンライントレードの長所と短所について解説します。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*