0からはじめる為替取引

為替 (かわせ)の歴史

 そもそも為替の語源はどこからきたのでしょう。 少し調べてみると、鎌倉・室町時代に為え銭(かえせん・かえぜに)という言葉から始まったようです。 為え銭とは、領主に毎年納入する多額の年貢に困惑する農民に対し、造り酒屋などが金貸しを行っていたようですが、これが替え銭です。 造り酒屋はその時代の経済の中心的な役割を負っていたようです。

 江戸時代に入ると、金貸しから立て替え払いの業務まで事業を拡大して行きます。 当時の江戸は消費が拡大し、商人は大量の仕入れを大阪からまかないました。 そこで生まれたのが、為替(かわし)です。 江戸から大阪、大阪から江戸の間で、品物の買い付けで動く資金を、両替商が帳面で残高を管理し、現金を輸送することなく決済する仕組みが生まれました。 そこで支払人から受取人へ支払う金銭を為替銀(かわしぎん)といいます。 これが、現在、銀行が行う送金業務(内国為替)の原点です。

 やがて金貸し業から送金業までを営む業者は、銀行という名前で呼ばれるようになります。 まさしく銀(為替銀)が行き来するから銀行ですね。日本国内では、銀行法により為替業務は銀行以外に行えません。


内国為替

 時代は変わり、お金の決済は電子で行えるようになりました。A銀行からB銀行に資金を移動することも簡単に行えます。 仕組みも変わりました。A銀行とB銀行が資金を決済する為には、お互いに相手銀行の勘定(口座)をもたなければなりません。

 しかし、現在の仕組みは少し違います。元締めとなる銀行があります。それが日本銀行(中央銀行)です。 日本銀行は銀行の為の銀行です。全ての銀行は、日銀法の定め(準備預金制度)により、中央銀行に当座勘定を持ちます。 銀行は金貸しが商売ですが、基本はその資金を預金で集めます。預金客から預かったお金、全てを貸し出してしまうと大変ですね。 もし全額貸し出してしまうと、預金者が急に引き出しに来たら、支払う現金がなくなってしまいます。 準備預金制度とは、預金客が急に大金を出金しても滞らないよう、預金高の一定の割合を日本銀行(中央銀行)の口座(各銀行毎の口座)に積む制度です。 その口座(当座預金)を利用してA銀行とB銀行が、資金の決済を行います。 少し話が長くなってしまいましたが、まとめると各銀行は日本銀行にある口座を通じて資金の移動を行います。

 では、東京の太郎さんが、大阪の花子さんに、お金を送る流れで説明します。 花子さんは、B銀行に預金口座を持っています。太郎さんは最寄のA銀行に、花子さんのB銀行へ送金の以来を行います。 送金依頼を受けたA銀行は、全銀システムからB銀行に資金が動かします。全銀システムは日本国内における全ての銀行の勝ち負け(貸借関係)を相殺し、過不足を日本銀行の当座勘定で清算します。 その結果、花子さんの預金口座にお金が振り込むことが出来るのです。

 内国為替とは、国内における、このような送金の流れをいいます。 ちなみに日本銀行は「にっぽんぎんこう」と呼びます。よく「にほんぎんこう」と耳にしますが、紙幣にもしっかりとNIPPON GINKOと印刷してありますので、確認してみてください。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*