為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 売り買いの方法
0からはじめる為替取引

売り買いの基本

1本マイン!

 商店は安く商品を仕入れ、その商品をお客に高く売って利益を得ますが、投資も同様に、価格が安いうちに買いつけ、その後、思惑通り価格が上昇したら、その時点で高値で売却し利益を得るということを目的とします。 為替取引の場合には更に、近々価格が下落しそうだと思った時点で先に高値で売っておき、思惑通り、価格が下落しら、安値で買い戻すといったようなことも可能です。

*

指値注文 (さしねちゅうもん)

 指値注文とは、価格の値動きをグラフにしたチャートなどを参考にして、割安感や割高感のある価格水準で、「買って欲しい」とか「売って欲しい」とだす注文のことをいいます。 指値注文には、その注文の有効期限を指定する必要があります。たとえば「今日一日だけ有効にして欲しい」といった場合や、「取消しを指示するまで有効にする」といった指図が出来ます。其の場合、取消忘れのないよう気を付けてください。

成行注文 (なりゆきちゅうもん)

 成行注文は現在提示されている価格で売り買いできる取引です。株式の場合の成行注文は、注文が成立するまで成立価格がわかりませんが、為替取引の場合には取引する時点で売値と買値が提示されるため、提示価格に不満があれば、取引しないこと(Nothing)も選択できるのが特徴です。

トゥー・ウェイ・クォーテーション:2 way quotation

 為替取引は、株式市場のような取引所取引と異なり、買い手と売り手が一対一の取引(相対取引)で行われます。取引する時は、相手に取引できる価格の提示を要求します。要求された側は、その時点で売値と買値を同時に提示する慣習があります。 この方式をトゥー・ウェイ・クォーテーション(2 way quotation)といいます。またその売値と買値の価格差をスプレッドと呼びます。 スプレッドのまん中が、市場の中心レートとは限りません。提示する側はリスクの少ない方へずらして提示するケースも少なくないからです。 提示される側は、スプレッド幅が狭ければ有利な条件であることは言うまでもありません。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*