為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 為替レート > 固定相場変動相場
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説

固定相場

 「固定相場制」とは、為替レートの変動を、固定あるいはごく小幅に限定する制度です。ぺッグ制ともいいます。 固定相場は、IMF(国際通貨基金)があらかじめ設定した平価の上下0.75%(1%)以内に維持する管理相場です。 ときに経済に急激な変化が現れると、国境を越える資本の移動も急激に加速します。その国の中央銀行は介入を続けて維持しようと努力しますが、投機的な力も加わり基準となる平価を維持できなくなることもあります。

 そのような場合に限り、IMFとの協議の上で平価を変更することが認められています。当該国は平価調整により通貨の切り下げ、又は切り上げを行います。

 我が国では、1949年に1ドル=360円の単一為替レートが定められ、1958年にIMF(国際通貨基金)によりIMF平価として登録されました。 1971年8月にニクソン・ショック、いわゆる金とドルの交換停止による混乱から12月には対ドルで1ドル=308円(16.88%の切り上げ)になりました。


変動相場

 「変動相場制」とは、固定相場のように一定比率に固定せず、市場の需要と供給によって変動させる制度で、フロート制度ともいいます。 固定相場の平価がいったん動き出すと、投機的な力が更なる平価調整をよびます。やがて固定相場制を維持することが困難となり、変動相場制へと移り変わります。

 我が国の円は、1973年の第一次オイル・ショックの年に変動相場制へと以降することになりました。 その結果、為替相場は乱高下した為、1975年11月にフランスのランブイエで開催した先進国首脳会議(サミット)で、先進国の通貨当局が為替相場安定の為に協調することで合意しました。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*