為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 過熱感を見るオシレーター分析
*English Oscillator
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説-

買われ過ぎ、売られ過ぎ

 市場ではよく「オーバーボート(overbought)」(買われ過ぎ)とか、「オーバーソルド(oversold)」(売られ過ぎ)といわれますが、この時に警告を発してくれるのがオシレーターという分析です。 基本的にオシレーター分析は、相場が横ばいの時に威力を発揮するといわれますが、チャートと併用することでトレンド上の短期的な売買に役立てることが出来ます。 オシレーター分析はトレンドの転換前に事前にシグナルを発するので売り買いの取引前には必ず確認してください。


オシレーター分析の種類

 オシレーター分析は「為替のテクニカル分析」の中で個別にご紹介しますが、多くの銀行で働くディーラーが利用する代表的なものにRSIラリー・ウイリアムズが考案した%Rなどがあります。 またトレンド分析とオシレーター分析を兼ね備えたMACDなども多くの利用されています。

 これらの分析は多くのチャート分析ソフトに備えられているため、視覚的に理解しやすくなっています。 「デモ取引で練習しよう!」のコーナーで紹介するシステムにも多くの分析機能を備えておりますので、合わせてご利用ください。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*