為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 移動平均線
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説-

移動平均線とは

 テクニカル分析の中で一番有名なのが移動平均線です。 移動平均の求め方はすごく簡単で、最終日から算定期間の終値を全て加算し、その和を日数で割れば求められます。それを毎日算出し折れ線グラフにすると移動平均線になります。 このようなものを単純移動平均といいます。その他に直近の終値に近い方へ加重を加えた加重移動平均もあります。

移動平均線

為替は21日線、90日線、200日線が重要!

 為替は一般的に21日線を短期移動平均線、90日線を中期移動平均線、200日線を長期移動平均線として利用します。 21日線を日足のチャートと合成して、価格推移と移動平均の乖離の関係を読みます。価格推移と移動平均とが交差するポイントが短期的なトレンドの転換となります。 更に2本の移動平均線を使った分析もあります。長い期間の移動平均線を短い期間の移動平均線が下から上へ上抜くことをゴールデン・クロスといい、逆に上から下に下抜くとデッド・クロスといいます。

ゴールデン・クロスデッド・クロスは、今までのトレンドの終わりを示し、また新しいトレンドの始りを意味します。

通貨別チャートと移動平均線

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*