為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 外国為替市場
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説-

外国為替市場はどこにあるの?

外国為替市場 ブローカー

 「外国為替市場」とは見えざる市場です。 「市場」と聞くと、青果市場や魚市場、あるいは証券取引所のような場所を思い浮かべられるかと思います。 外国為替市場は、証券取引所のように一箇所に集まって値決めをしている取引ではありません。 貿易や国際的な投資活動により発生する国境を跨ぐ資金移動を、銀行(外国為替を扱う銀行)が仲介して行います。 それらの銀行は、仲介業者を通じて相手銀行と取引したり、または相手銀行と直接取引をしたりもします。 この取引は各銀行内にあるディーリング・ルーム(取引専用の部屋)から電話や電子機器を使って行われます。 そのような取引と取引をつなぐネットワークを一まとめにして外国為替市場と呼びます。

 外国為替市場は、世界で最大の市場です。 ロンドンや、ニューヨーク、東京、香港、シンガポール、フランクフルト、チューリッヒなど、世界の主要な都市ごとに市場はあります。 それらの市場を、地球の自転にそって結ぶことで、24時間機能する外国為替市場の出来上がりです。 大手銀行も、それにあわせ本店にあるディーリング・ルームを交代制で24時間稼動させるのです。まさに「眠らない市場」です。 2001年4月に国際決済銀行(BIS)の調べによりますと、外国為替市場の1日と取引高は平均で一兆六千百九十億ドル(約百九十四兆円 )でした。 まぎれも無く世界最大の市場です。


現在の外国為替チャートと外国為替レート
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*