為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 円安と円高 > 円安の要因
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説

円安の要因その1:原油価格の上昇

 円安は、輸入する原油の価格が上昇することによっておこります。原油の決済はドルで行われます。 たとえば原油価格が上昇すれば、必要とする量は変わらなくても、価格の上昇に伴い、ドルを調達する量も増えます。

 輸入企業の決済を行うため銀行は、外貨の調達が必要となり、結果として外国為替市場で外貨をカバーすることになります。 この増えた外貨買い/円売りのカバーにより円安になります。

 実際には備蓄との関係で、ストレートには為替に影響を及ぼしませんが、じんわりと影響を及ぼす要因です。


円安の要因その2:資本取引

 円安は、日本の企業が国内の景気低迷などを背景にグローバル化の流れから、成長が見込める海外の企業を買収したり、海外に工場をつくることによりおこります。 海外の企業を買収したり、海外に工場をつくるためには、外貨が必要となります。

 企業から両替を持ち込まれた銀行は、外貨の調達が必要となり、結果として外国為替市場で外貨をカバーすることになります。 このカバーによる大量の外貨買い/円売りから円安になります。

 機関投資家による、海外投資も大きな影響を与えます。資本取引は、動く金額が大きいため、為替に与える影響も大きいといえるでしょう。

円安の要因その3:海外旅行

 季節的な要因として、海外旅行者による影響が上げられます。

 日本の海外旅行者は、ゴールデン・ウィークや夏休み、正月などに集中して出国します。その際に使う分のお小遣いの両替やトラベラーズ・チェックの調達、買い物で使ったカードの決済などが、一時的に外貨買いを膨らませます。

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*