為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 円安と円高 > 円高のデメリット
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説

輸出企業は、業績低迷

 円高は、輸出企業を苦しめます。 仮に商品が円安の時と同量の販売を行ったとしても、日本円に両替する際には円高の影響で目減りします。

 また、国内で生産するコストは高いモノにつくため、輸入国との製品価格が不利に働き、売上が減少します。 このことを避けるため、現地に生産工場を移す企業も増えました。


株価の下落

 円高になれば、輸出企業は業績の悪化が見込まれます。そこで輸出関連株に売り注文が優勢となり、株価全体も影響を受け下落します。 また円安の時には意欲的だった海外の投資家も、株価が頭打ちしたり、低迷の予兆が見え出すと為替差損が発生する前に、速めに利益を確定しだします。 海外の投資家が、日本円での利益を外貨に両替すると、円高にブレーキがかかります。

 整理すると、円高から円安にかけて株価は下落し、円安から円高にかけて株価は上昇するサイクルになります。97年以降の日経平均とドル/円の週足チャートを比較すると、2つのチャートは反対の動きをしていることが確認できます。

 

スポンサード リンク

 

円高デメリット関連キーワード

円高に関連した主な検索

| 円高 デメリット | 円高 デメリット 企業 | 円高 デメリット 会社 | 円高 デメリット 株 | 

| 円高 影響 | 円高 デフレ | 円高 輸出 | 円高 不況 | 円高 倒産 | 

| 円高 中小企業 | 円高 政府介入 | 円高 トヨタ | 円高 経団連 | 円高 日銀 | 

| 円高 株価 | 円高 政府 | 円高 金利 | 円高 問題 | 円高 景気 | 

 

page TOP


*