為替(ホーム) > 0からはじめる為替取引 > 保合い
*English Continuetion
0からはじめる為替取引 /為替をやさしく解説-

保合いとは

 保合いは、上昇または下降するトレンドがテクニカル的なポイント(レジスタンス・ラインやサポート・ライン)に差し掛かった時に、売り手と買い手の攻防から生ずる現象です。その攻防戦から価格の変動をチャート(グラフ)で見ると、短期的な「山」と「谷」を交互に作り出され、時間の経過と共にその変動幅が収束を見せ、やがてその保合いから抜け出し、新たなトレンドへと向かいます。


三角保合い

 保合いの中で出来た「山」と「山」を線で結び、同様に「谷」と「谷」も線で結ぶとその2つの線は三角形を形成します。2つの線が交わったところをアペックスといい、線の始りから4分の3時点を過ぎても保合いから脱出できない時、保合いの効力は薄れ、価格はそれ以降の方向感を失います。

シンメトリカル・トライアングル
 
アセンディング・トライアングル
 
ディセンディング・トライアングル
 

その他の保合い

 保合いは、三角保合い以外にもフラッグやペナント(三角保合いの小型版)、三角保合いの逆の形を形成するブロードニング・フォーメーション、菱形を形成するダイヤモンド・フォーメーションなどがあります。

フラッグ
 
ブローニング・フォーメーション
 
ダイヤモンド・フォーメーション
 

保合いが抜けた時の破壊力は武器となる

 保合いから抜ける水準には、まとまったストップロス・オーダーが隠れているケースも多く、そのストップロスの玉が大きければ大きいほどは大量の売買が生じ価格が急激に変動して、その反動から相場は新しいトレンドへと進みます。

実際に保合いを探してみましょう!

下記のチャートから実際の保合いを探してみてください。様々な保合いが確認できるはずです。

ドル/円(USD/JPY) ユーロ/ドル(EUR/USD) ポンド/ドル(GBP/USD)
ドル/スイス(USD/CHF) ドル/カナダ(USD/CAD) オージー/ドル(AUD/USD)
ユーロ/円(EUR/JPY) ポンド/円(GBP/JPY) スイス/円(CHF/JPY)
 

スポンサード リンク

 

page TOP

*